阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

中村農村舞台

神社名
杉王神社
海部郡牟岐町中村字杉谷21-2 
舞台実測
間口 / 8間
奥行 / 4.5間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 40m×40m
舞台の状況
楽屋 / 有り
トイレ / 有り
周辺地域
おおよその人口 / 4,800人(牟岐町)
舞台の立地状況
JR牟岐駅から徒歩5分ほどの住宅地を抜けた山際にある。
舞台の利用状況
第二次世界大戦後しばらくは人形浄瑠璃の公演も行われていた。近年では平成23年までは祭りの際にカラオケなどに利用されていたが、雨漏りによって天井の一部がはがれ落ちたため、現在は関係者以外立入禁止となり倉庫として利用されている。年に2回、春と秋に境内で祭りが行われており、境内を提灯の明かりが包み、賑わっている。