阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

久望農村舞台

神社名
山神社
美波町北河内字久望37 > Google map
舞台実測
間口 / 4間
奥行 / 2.5間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 10m×10m
舞台の状況
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
囲炉裏 / 有り
周辺地域
おおよその人口 / 4軒6名
舞台の立地状況
県南、土佐東街道から県道289号線に入ると右手側の山の尾根に舞台が位置している。鳥居がなく、境内まで車で入ることが出来る。
舞台の利用状況
舞台として利用されていたのは80年以上前とのことで、どう利用されていたかは不明。集会所として利用されており、現在は年間6回ほど集会が行われている。また、10月の祭りの際には宴会にも利用されている。