阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

百合農村舞台

神社名
百合神社
那賀郡那賀町百合字石橋212 > Google map
建設年
不明
舞台実測
間口 / 5間
奥行 / 2.5間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 15m×15m
舞台の状況
太夫座 / 有り
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
駐車場の有無 / 空き地に10台ほど
舞台道具
幕 / -
襖絵 / 10景30枚
人形 / -
その他 / -
周辺地域
おおよその人口 / 52軒 約150人
改築の記録等
1980年頃 老朽化が進んでいたため、篰帳や太夫座の支柱を修繕し、床板は合板コンパネに敷き替えた。
襖絵の保存状況の詳細
襖絵5組30枚 明治32年亥正月吉日
橘浦村 沖野 雲?橋?書之
千畳敷/芝居座敷  4枚
海風景/襖(鶴、箪笥、、灯籠、竹、梅) 6枚
鷹/牡丹・橋 7枚
竹に虎/桜 7枚
老松/花菱 6枚
舞台の立地状況
国道195号線から50mほど西側へ入った山の麓に位置する。鷲敷の中心地からも近く人口は多く感じるが、子どもが少なく高齢化が進んでいる。
舞台の利用状況
1950年頃に新派劇が上演されたようで、壁に上演した演目「涙の法廷」ほか3演目の板書きが残されている。1990年頃までは祭りの際に、地域の住民による芝居やカラオケが催されていた。今は祭りの道具が保管されており、10月5、6日の本宮祭(ほんみやさい)で舞台を掃除する際に開放される。