阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

掛盤

神社名
八幡神社
那賀郡那賀町掛盤字上榎7 > Google map
建設年
明治初期
舞台実測
間口 / 5間
奥行 / 3間
屋根形式 / 切妻トタン
境内の広さ / 15m×15m
舞台の状況
楽屋 / 有り
台所 / 有り
駐車場の有無 / 2台
舞台道具
その他 / 幟
周辺地域
おおよその人口 / 10軒30名ほど
改築の記録等
昭和30年頃 太夫座取り除き
平成9年 内壁、雨戸差し替え
舞台の立地状況
掛盤集落で一番上の家からさらに奥へ進んだ林道際に位置する。
舞台の利用状況
建立当初は太夫座があったが、人形浄瑠璃が演じられた記録は残っておらず、住民の記憶にもないとのこと。毎年10月15日に開かれる秋祭りでは、宴会に使用されている。