阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

出羽農村舞台

神社名
倭武八幡神社
那賀郡那賀町出羽字八幡森2 > Google map
舞台実測
間口 / 5間
奥行 / 2.5間
屋根形式 / 切妻トタン
境内の広さ / 15m×15m
舞台の状況
太夫座 / 有り
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
囲炉裏 / 有り
楽屋 / 有り
台所 / 有り
舞台道具
その他 / 御輿
周辺地域
おおよその人口 / 40人
改築の記録等
昭和60年 天井を修繕
舞台の立地状況
林道出羽線沿いの山の斜面に境内がある。1940年頃に山火事があり、近隣にあったお堂が焼失した。御神木にも一部、焼けた痕が残っている。
舞台の利用状況
1940年頃までは地芝居などが行われていたが、それ以前の記録はない。最近では、1,7,11月の年3回、祭りの宴会に利用されている。太夫座には、解体した子ども御輿を置いているが、最近では集落に子どもがいないため放置されたままである。