阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

坂州農村舞台

神社名
八幡神社
那賀郡那賀町坂州字広瀬32 > Google map
建設年
明治31年
舞台実測
間口 / 6間
奥行 / 3間
屋根形式 / 寄棟トタン
境内の広さ / 15m×20m
舞台の状況
太夫座 / 有り
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
囲炉裏 / 有り
襖機構 / 有り
駐車場の有無 / 100台
舞台道具
幕 / 有り
襖絵 / 30枚
周辺地域
おおよその人口 / 250人ほど
改築の記録等
昭和42年 茅葺き屋根をトタンで覆った。
襖絵の保存状況の詳細
襖絵や幕は普段は近隣の木沢民俗資料館に保管されている。
舞台の立地状況
国道193号線から坂州木頭川を渡った場所にある。11月の祭りでは舞台から200mほどの場所にある旧木沢中学校のグラウンドを駐車場として利用している。
舞台の利用状況
毎年11月22、23日に秋祭りが行われ、22日には地元の坂州若連中による恵比須舞や襖からくりが披露されるため、多くの見物客で賑わう。襖絵や幕は普段は近隣の木沢民俗資料館に保管されている。昭和51年2月に徳島県有形民俗文化財に、平成10年12月には国の有形民俗文化財に指定された。