阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

常政農村舞台

神社名
功徳神社
阿南市新野町常政193 > Google map
舞台実測
間口 / 4.5間
奥行 / 2.5間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 15m×15m
舞台の状況
台所 / 有り
駐車場の有無 / 無し
周辺地域
おおよその人口 / およそ25軒50名
改築の記録等
昭和40年頃 太夫座取り外し
襖絵の保存状況の詳細
襖絵の記録はなし
舞台の立地状況
集落の中にあり、細い町道沿いに位置する。
舞台の利用状況
昭和60年頃までは祭りの際に地域の青年団によって地芝居が上演されていた。現在では地域の総会や祭りの準備などに利用されている。昭和40年頃までは太夫座があったとのことから、住民の記憶には無いが、浄瑠璃芝居も行われていた事が考えられる。