阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

星谷農村舞台

神社名
大宮八幡神社
勝浦郡勝浦町星谷字宮原66 > Google map
建設年
1780年頃
舞台実測
間口 / 5間
奥行 / 3.5間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 10m×20m
舞台の状況
大臣柱 / 有り
花道 / 有り
トイレ / 有り
台所 / 有り
駐車場の有無 / 近隣の集会所
舞台道具
その他 / 楽車太鼓
改築の記録等
1980年頃 外壁を張り替え
舞台の立地状況
勝浦川北岸の山を少し上がった場所に位置する。人家と畑が入り組んでいるため、車で行くと分かりにくい。
舞台の利用状況
勝浦座が結成された当初より、毎年の秋祭りで人形浄瑠璃が上演されている。普段は祭りの提灯やテントなどが保管されている。歴史が古く、30年ほど前に外壁などの修繕をしている。