阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

田野々名

神社名
神名神社
勝浦郡上勝町旭字大栗ノ下115 > Google map
舞台実測
間口 / 5間
奥行 / 3間
屋根形式 / 切妻トタン
境内の広さ / 15m×20m
舞台の状況
太夫座 / 有り
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
囲炉裏 / 有り
襖機構 / 有り
駐車場の有無 / 5台ほど
舞台道具
幕 / 有り
襖絵 / 有り
周辺地域
おおよその人口 / およそ15軒30名
地区の特産品など / 阿波晩茶
改築の記録等
明治21年に全焼し明治22年に再建。昭和40年に茅葺き屋根をトタンに葺き替え。
襖絵の保存状況の詳細
8枚組みの千畳敷の襖絵があり、秋祭りの芸能祭の背景に使用している。
幕は「旭美団」の引き幕、水引幕がある。
舞台の立地状況
旭集落のやや手前にある橋を渡れば車を置くスペースがある。 竹林の中の石段を上がっていくアプローチが美しい。
舞台の利用状況
戦後しばらくは人形浄瑠璃の上演などもされていた。その後は、秋祭りの際に、旭美団による地芝居や、歌、踊りなどの芸能が披露されてきた。