阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

府殿農村舞台

神社名
三所神社
勝浦郡上勝町生実字府殿71 > Google map
舞台実測
間口 / 6.5間
奥行 / 3間
屋根形式 / 入母屋桟瓦
境内の広さ / 20m×20m
舞台の状況
太夫座 / 有り
トイレ / 有り
駐車場の有無 / 無し
周辺地域
おおよその人口 / 15軒30名
地区の特産品など / 阿波晩茶
舞台の立地状況
府殿集落の中にあり、位置は少し分かりにくい。
舞台の利用状況
終戦後の頃までは地域の青年団による歌舞伎芝居などが行われ、それ以降も祭りの際にはカラオケなどの催しが昭和60年頃まで行われていた。また、平成15年11月2日(日)には、勝浦座の人形浄瑠璃公演「恋女房染分手綱」と、徳島市出身の俳優、故高津住男が主宰する劇団樹間舎の演劇公演「芝居ならすべて阿波より始まる」が開催された。