阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

法市農村舞台

神社名
船渡神社
三好市三好町東山字法市 > Google map
建設年
1899年創建
舞台実測
間口 / 5.5間
奥行 / 3間
屋根形式 / 入母屋瓦葺き
境内の広さ / 15m×15m
舞台の状況
太夫座 / 組立式
囲炉裏 / 有り
楽屋 / 有り
トイレ / 有り
台所 / 有り
駐車場の有無 / 道端に10台ほど
舞台道具
幕 / 役場にある
周辺地域
おおよその人口 / 27名ほど
地区の特産品など / 昔は煙草など
改築の記録等
2007年 屋根の瓦を葺き替えるなど、大きな修繕が行われた。
舞台の立地状況
吉野川上流の北岸から細い山道を上がっていき、海抜400mに位置する。
舞台の利用状況
1920年頃まで人形浄瑠璃が上演されていたが、それからしばらくは衰退していた。2003年に東京理科大学の川上光洋氏が調査発掘したのを機に、第1回法市農村舞台公演を実行し、法市農村舞台保存会を発足した。 それ以降、毎年10月第2週日曜日に県内の人形座や、ダンス・歌・阿波踊りなど多様な出演者を招いて公演を催している。