阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

大影農村舞台

神社名
大影神社
阿波市市場町大影字平間171-1 > Google map
建設年
不明
舞台実測
間口 / 4間
奥行 / 2間
屋根形式 / 切妻桟瓦
境内の広さ / 20m×25m
舞台道具
その他 / 太鼓、幟など
周辺地域
おおよその人口 / 約60名、30戸
改築の記録等
H15年頃 屋根瓦を葺き替え
舞台の立地状況
香川県境手前、大影集落の中にある。車道から境内までの階段がやや急である。
舞台の利用状況
祭りの頃に地域住民が清掃してお茶を飲んでいることから、地域住民は「お茶堂」と呼んでいる。内部は畳が敷かれており、舞台と言うよりは集会所の用途が高い。倉庫には太鼓や幟など、祭りの道具が保管されている。なお、現在、祭りは近隣の大影小学校で行われている。