阿波の農村舞台 阿波人形浄瑠璃の魅力を伝える人々

小野さくら野

神社名
天王神社
名西郡神山町神領字本小野506  > Google map
建設年
不明
舞台実測
間口 / 4間
奥行 / 3間
屋根形式 / 切妻鉄板
境内の広さ / 15m×20m
舞台の状況
太夫座 / 有り
篰帳 / 有り
大臣柱 / 有り
襖機構 / 吊下敷居鴨居
楽屋 / 有り
トイレ / 有り
駐車場の有無 / 道端に50台
舞台道具
幕 / 有り
襖絵 / 多数保存
周辺地域
おおよその人口 / 100人、40戸
地区の特産品など / そば米、はっさく、干し柿
改築の記録等
平成19年 篰帳など修繕、太夫座の増設
襖絵の保存状況の詳細
100枚の襖絵を使い30景を見せる襖からくりを上演している。NPO法人グリーンバレーのアーティストインレジデンス事業によるアーティストが制作した新作の襖絵もある。
舞台の立地状況
県道438号から20号線に入り10分ほど走った場所にある。道路から20mほど坂道を上がった場所に境内が広がり、風が静かに吹き抜けている。
舞台の利用状況
平成13年から毎年、人形浄瑠璃公演を開催している。平成20年より、境内に覆い被さるように繁る山桜が満開になる時期をねらい、毎年4月の第2日曜日に定期公演を開催している。人形浄瑠璃だけでなく獅子舞やダンス、太鼓の演奏など、幅広い内容の公演を行っている。